2013年8月14日

小麦粉との戦い(負けそう…)

小麦粉を変えようと目論んでいます。

ずっとカナダ産の有機小麦粉を使っていたのですが、国産に変えようと。

 

人前でお話をする機会があるたびに、

「外国産の有機小麦粉と国産の慣行栽培の小麦粉、どっちを使うのが正しいと思いますか?」

という問いかけをしてきました。

答えはありません、たぶん。

でもどっちかを選ばないと、小麦粉メニューは作れない(当たり前だけど)

あ、もちろん、国産の有機小麦粉が選べればいいんだと思いますが、

調べてみると、強力粉は割とたくさんあるけど

薄力粉で、しかもお菓子、特にスポンジのようなお菓子に使えるものとなると、

なかなか難しいのが現状です。

とにかく手に入りづらい、入っても高い、製粉技術の問題、などなど。

 

で、ずっとカナダ産の有機小麦粉を使ってきました。

使ってきたんですが、これを国産の、それもできるだけ近いところの小麦粉に変えようと。

 

「国産小麦粉使ってます!」ていうお菓子屋さんの大半が、

北海道産の小麦粉を使っていると思います。

生産量も多いし。

もちろん、それが悪いわけではありません。

 

んでも、私は東京でお菓子を作っていて、

わざわざカナダ産から乗り換えようっていうんだから、

できるだけフードマイレージの小さい、近場の粉が使いたいなぁと。

 

そんで、埼玉の製粉会社を見つけました。

小麦も埼玉で作ってるものをブレンドして製粉してるんだって。

埼玉!すぐそこじゃん!

…小麦粉作れるのか。

小麦粉つくれたりサツマイモつくれたり、なかなかやりますな、埼玉。

(※馬鹿にしているわけではありません)

 

早速その「埼玉県産のお菓子用の薄力粉」なるものを数種類取り寄せて、

試作をしてみています。

(このとんでもなく暑い時に注文もないのにお菓子作るなんて…)

してみていますが、、、、、、、

む、むずかしい!!!!

なんでこんなに今までと違うの?!

っていうくらい、特に「紹興酒をきかせたバナナのケーキ」に苦戦しています。

 

苦戦のあとを少しだけ…

 

埼玉県産小麦粉によるケーキたち、お披露目はもう少し先になりそうですが、

他のケーキたちはとても美味しくできて、ふふふってな感じですので、

どうぞお楽しみにお待ちくださいまし!

 

 

ちなみにこの、頭でっかちなお菓子屋による、

オーガニックをとるの?フードマイレージをとるの?

等々の政治的?原材料考は今後も続きます。ずっとずっと。お菓子を作り続ける限り…

もしくは誰か、私の家のすぐ横で、材料全部作ってくんないかなー!!