2014年5月30日

【台湾おやつ旅行 3】パイナップルケーキに一日を捧げる…

<2日目> パイナップルケーキ熱で高雄の先まで!

さて台湾おやつ旅行2日目。

どうも高雄から在来線でしかいけない九曲堂という街に、

コンテストで優勝しただかっていう美味しいパイナップルケーキがあるとかないとか。

その名も「幸福原味」

…なにそれ超美味しそう!!!名前が!

 

で、いってきました、台北から日帰りで。

これはたとえるなら東京へ3泊4日の観光旅行へやってきた外国人が、

ウイロウが大好きすぎて、日帰りで名古屋までいき、

更に在来線で豊橋まで、ウイロウの為だけに行ってくるようなものです。

その1日でスカイツリー登ったり浅草いってみたりディズニーだっていけるのにね!

それよりもウイロウで頭がいっぱい!みたいな。

 

とはいえ初めての台湾新幹線はちょっと気分がアガる!

水田を越えて南へ南へ…

高雄駅!品川みたい…(イメージ)

く○もんのパクリじゃないよ!

 

そして在来線で30分、九曲堂へ。

ついた、九曲堂です。

な、なんもない……!

急行が止まらない小田急線の駅みたい!(失礼)

 

 

ちょっと歩いていくのは難しそうなので、タクシーに乗ってパイナップルケーキ屋へ行きます。

 

しばらく行くと町っぽい感じが畑っぽい感じに変わり…

これ!パイナップルです!ひとつひとつ新聞かけてある。

これは期待できる~

 

売り方も雑…じゃなくて大胆!

 

 

タクシーで10分くらい、肝心のお店の写真をとりわすれましたが、

お店っていうよりも小さなお菓子工場の窓口で買える、って感じでした。

 

箱もお姉さんが手で折っていて、、、

超フツウな見た目。

 

でも賞味期限が短いのが、逆に期待させます。

味見くれたり、パイナップルジュースもくれたり歓待されつつ10分で買い物を終えて、

また高雄に戻り、台南に立ち寄ってお茶を買って、台北に戻りました。

 

 

たかがだかパイナップルケーキのためにここまでする必要があったのか…は怪しいですが、

観光地じゃない台湾を見られたのはよかったです。

こんなに何にもない駅前でもビンロウは売ってるんだなーとか。

 

 

 

余談。

帰りは新幹線の空席がなくて、うっかりビジネスクラス(日本でいうグリーン車)に乗ったのですが。

 

座席ゆったりはもちろんのこと、、、

お姉さんがやってきて、コーヒーかお茶を出してくれ、

チョコレートケーキまでいただける(お味は残念でしたけども)

更に新聞も!

 

至れり尽くせりでほくほくしていると、、、

虹もついてきました!

 

 

ひたすら移動していた1日でしたが、

鉄子じゃない私でも楽しめた、台湾新幹線旅でした。

 

しかし登場したパイナップルケーキはまだ2種類!

実はこの3泊4日で14種類のパイナップルケーキを入手していますので…

 

もう少し続きます!