2012年8月6日

小麦粉がかわります/卵がかわりました

あっという間に8月ですねー。
今日はちょっと原材料のお知らせを。

 

まずは小麦粉。
これまで、金沢大地から石川県産の有機小麦粉を仕入れていたのですが、
なんと今年は休売になるほど不作だったとのこと…。ぎゃふん!
手元には、残り2キロを切った小麦粉があるのみ。。。
というわけで急ですが、来週ぐらいから順次、
販売が再開されるまで(早くても1年後!)小麦粉が変わります。

いくつか試してみようと思っていますが、
カナダ産かオーストラリア産の有機小麦粉にすると思います。
小麦粉や乳製品のようにたくさん使うものは、
多少高くても国産にしておきたかったのですが、
原価が高くなりすぎて超高級品になってしまっては本末転倒なので、
バランス、バランス。と言い聞かせて、しばらく外国産を使ってみます。
もちろん慣行栽培で国産の小麦粉はたくさんあるんだけども。。。
それも結構いいんだけども。。。
難しい選択です。

 

つづいて、卵。
ちょっと堅苦しい話をすると、卵ってほとんど日本で作ってるのに、
鶏の飼料の大半が外国産のトウモロコシとかだったりするので、
鶏卵そのものの自給率は96%でも、飼料自給率を考慮すると10%にまでがばっと下がってしまう~。
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/pdf/22sankou4.pdf
(農水省の資料ご参考まで…)
で、ちょっと前から、お米を飼料にして卵つくろうぜ!みたいなところが増えてきて、
まーとっても高級なのでなかなか原料として使うには踏みきれずにいたのですが、
ご紹介いただいたところが価格的になんとかなりそうだったので、かえてみました。
でもさすがに飼料米は慣行栽培です、たぶん。
とはいえ卵屋さんにはなれないので、 今はこれがベストチョイス。と思います。

 

 

どちらも、味の変化にはきっとお気づきにならないと思います。(私にはわかんない)
ただ「なんとなく体によさそう」「なんとなく地球に優しそう」が一番けしからん!と思うと、
「妥協点はどこか」が公開されてることが大事かなぁと。

 

以上、ご参考までの、ちょっと堅苦しいお話でした~
各商品ページの原材料表示も、これから変えていきますー。

その前に新作、、、そもそも商品がないなんて笑えない、、、